佐々木建設

土木・建築事業、橋脚補強事業、発電事業、運送事業なら佐々木建設へ

事業紹介

HOME > 事業紹介 > 橋脚補強事業

橋脚補強事業

補強筋埋め込み方式PCM巻立て橋脚補強工法

補強筋埋め込み方式PCM巻立て橋脚補強工法(AT-P工法・AT-PD工法)とは?

橋脚の耐震補強には、一般的な工法である“鉄筋コンクリート巻立て工法”が主流です。
しかし、補強による橋脚躯体断面の増加が大きくなり、河積阻害率や建築限界等の構造寸法上の制限、重量増加に伴う基礎構造及び地盤への負担増等で、耐震補強を見送られることがありました。

そこで、補強筋埋め込み方式PCM巻立て橋脚補強工法(AT-P工法 ・ AT-PD工法)は、既設のコンクリート表面に溝切りを施し、補強鉄筋を埋設することによって、巻立て増厚を大幅に低減した工法で、先に述べた様に構造上の制約がある場合でも適用の範囲が広がります。


AT-P工法 概要図

AT-P工法の概要

AT-P工法は、RC巻立て工法や従来PCM巻立て工法の補強部巻立て厚を極度に抑えた橋脚耐震補強工法です。

従来は、既設橋脚躯体周囲に設置していた補強軸方向鉄筋を、躯体に施した溝切り部に埋設し、空隙部にエポキシ樹脂を充填して定着させた後、既設橋脚躯体表面に帯鉄筋を配置し、ひび割れ抑制のためビニロン繊維を混入したポリマーセメントモルタルを巻立てる工法です。

AT-P工法の特徴

  • 巻立て増厚がRC巻立て工法の約1/8、従来PCM巻立て工法の約1/2以下に抑えられます。
  • 河川中の橋脚補強における河積阻害率がほ とんど増加しません。
  • 材料単価の高いポリマーセメントモルタルの使 用が減ることで、大幅にコストを縮減できます。
  • 既設コンクリート内に直接補強鉄筋を埋設する ことにより、コンクリート断面を増加させること なく、確実に耐荷力向上を図ることができます。
  • 補強による重量増加を大幅に抑えることにより 基礎構造及び地盤への負担を軽減できます。

AT-PD工法の概要

鉄筋埋設型PCM巻立て工法は、RC橋脚の段落し部のみの補強工法としても適用することができます。 段落し部補強必要範囲に切削溝を設け、補強鉄筋を埋設定着した後帯鉄筋を配置してポリマーセメント モルタルで巻立てる工法です。

AT-PD工法の特徴

  • 補強鉄筋を直接既設コンクリート内に定着することにより、確実な補強効果が得られます。
  • ポリマーセメントモルタルで巻立てるため、巻立て面の強度は強く、流木の衝突や流水による磨耗の影響を受ける河川中の補強に適しています。
  • 巻立てによる増厚は30mm程度(帯鉄筋D16の場合)であり、断面増厚による構造的な影響はほとんど生じません。
  • 従来から用いられている炭素繊維シート接着による補強工法との工費を比較すると、約20%※以上のコストダウンが得られます。(※CFRP2層と想定した場合)

AT-P工法 ・ AT-PD工法の施工実績

橋脚の補強

橋脚の補強

水門の補強

水門の補強

大武川水門耐震補強工事

水門の補強

恒富地区下流掘削外工事

水門の補強

大分川耐震対策工事

一般的な補強

施工実績

第1-2号橋梁補修工事

平成23年度交付地橋佐
第1-2号橋梁補修工事

第1-2号橋梁補修工事(小野市大橋)

平成24年度交全国橋佐
第1-2号橋梁補修工事(小野市大橋)

第1-2号橋梁補修工事(小鶴橋)

平成24年度交付地橋佐
第1-2号橋梁補修工事(小鶴橋)

SSI工法

SSI工法とは

SSI 工法は、(財)鉄道総合技術研究所と旧日本道路公団試験研究所との共同開発による塩害抑止工法です。
コンクリート中の塩分に直接作用する「塩分吸着剤」を活用して、他の防錆工法では実現できない下記の特長により、抜本的かつ長期的に塩害を抑止します。

塩分吸着剤による鉄筋腐食防止のメカニズム

SSI 工法が従来の工法と決定的に異なるのは、鉄筋およびその 周辺の塩分を低減し、鉄筋の腐食を長期的に抑止することです。

SSI工法の施工と防錆環境化

海岸沿いの高架橋の橋脚下部で飛来塩分および土中から吸い上げた塩分 の影響で腐食した鉄筋について、SSI 工法で補修しました。施工後、補正 自然電位を追跡調査した結果、経年とともに腐食環境から安定な防錆環境 へ移行していることが分かりました。

SSI工法の施工の基本パターン

海岸沿いの高架橋の橋脚下部で飛来塩分および土中から吸い上げた塩分 の影響で腐食した鉄筋について、SSI 工法で補修しました。施工後、補正 自然電位を追跡調査した結果、経年とともに腐食環境から安定な防錆環境 へ移行していることが分かりました。